僕ロニクル 〜ゆるゆる、シンプルに生きたい男の年代記〜

30代男の日常を徒然なるままに。旅、仏像、文房具、手帳、シンプルライフ、料理なんかに釣られます。

来年2016年の手帳はジブン手帳と能率手帳ゴールドを使いたいと思う 後篇

というわけで昨日の続き。

 前篇はこちら。

bochronicle.hatenablog.com

前篇の話をざっくりまとめますと・・・

なんだかんだ今年使用中の手帳はどれも気に入っているのになぜ来年は新しくジブン手帳に変えようとしているのか?

→使用している手帳の数を減らしたい

→ほぼ日手帳を苦渋の決断でやめよう

→ではほぼ日手帳でまかなっていた部分はどの手帳で補うのか?

→NOLTYベルノA5バーチカル(仕事用)ではまかないきれない

→そこでジブン手帳!

というのがここまでの話の流れです。

 

なぜ僕は来年2016年はジブン手帳を使いたいのか?

前篇でも書きましたようにジブン手帳はdiary,life,ideaの三冊で一つの手帳を構成しています。

詳しい内容の説明は公式サイトを見てもらったほうがいいかとおもいますが、

ジブン手帳2015│コクヨS&T

とにかく至れり尽くせりといいますか、細かいところまでとても気の利いた手帳なんです。何も考えずに空欄を埋めていけば、それだけで充実したライフログが完成してしまう。ほぼ何もルールのない、日付の入ったノートと言った様相のほぼ日手帳とは対極のような手帳ですね。

それでいて、3冊に分かれていることで意外と人それぞれの自由な使い方をさせてくれる余地が残っているようにも思います。ファーストキットの3冊セットを初めに買い、diaryは1年ごとに買い替え、ノートになっているideaは書くペースに合わせて付け替えでき、lifeのような大きな目標、長いスパンで書きたいものは次の年にも持ち越して使えるという、使い勝手を考え抜かれた手帳だと思います。まさに1年で使い終えるのではなく一生使える手帳となっているんですね。

 

なんて偉そうに紹介していますが実を言いますと、2014年版のジブン手帳を購入したけど、ほとんど使い切れずに終わってしまった苦い過去があります・・・

その時にはジブン手帳のバーチカルタイプのスケジュール管理が上手く確立できなかったんですねー。結局他の手帳を使ってその年は終えてしまいました。それがなんとなーく心にひっかかっていたんです。

でも今年NOLTYベルノバーチカルを使い、ある程度バーチカルタイプの手帳の使い方が確立された今ならうまくいくような気がしていまして。

 

僕の考えるジブン手帳2016の使い方(イメージ)

で、僕のイメージしている使い方ですが、

仕事用のスケジュール管理(今はベルノバーチカル)→ジブン手帳のdiary部分。

プライベートの予定、ライフログ(今はほぼ日や能率手帳にバラバラと書いている)→同じくジブン手帳のdiary。

(今はほぼ日に書いている)プライベートの日記、旅行などのチケットの半券、切り抜きなどペタペタと貼っていたもの→ジブン手帳idea。

仕事のメモ→ジブン手帳のidea(プライベートとは分ける)。

といった感じに今まで2冊でやっていたことをうまいことジブン手帳1冊で振り分けてできそうな気がしているんですよね。

 

しかもideaのノートはCamiAppに対応していましてデジタルデータとしても保存できます。

CamiApp<キャミアップ> - コクヨS&T

これでノートを新しくしても、過去のものを参照したいときに安心です。

特に仕事用メモでは重宝しそうですね。

 

ジブン手帳のlife、ここはプライベート色が強すぎる部分なのでプライバシーの問題もあるので基本的には家置きにして基本はdiaryにlife2冊を挟んで運用しようかと思っています。

 

そして携帯用兼読書メモとして現在使っている能率手帳1ですが、これは今のところ継続の方向で考えています。

とは言えジブン手帳のサイズ感がまたとても絶妙で、縦はA5と同じ長さなんですが幅が若干狭いのですごく手に馴染むんです。しかも3冊挟んでいても分厚くないのでとても持ち歩きやすい。そうなると能率手帳1の出番を奪ってしまうかな?とも思っています。そうなれば本当に1冊に一本化できるかも?

でも能率手帳ゴールドも使ってみたいしなー、とも思っているのでここはまだ悩み中。

さらに言えばジブン手帳にはminiのサイズもありますのでどちらがいいのか・・・

 

まあそのへんの細かいところは追々考えるとして、基本的なジブン手帳の使い方には結構自分の中ではしっくりときていまして、ようやく手帳を巡る冒険も終焉を迎え手帳の使い方を固定化できるのではないか?と思っていますがどうでしょうか。

 

まあ手帳病と言うのはこういうことをあーでもないこーでもないと考えている時が一番楽しいんでしょうけどね。

 

というわけでまだ1年の半分もありながら手帳病を発症してしまった男の独り言でした。

みなさんも手帳病にはくれぐれもご注意を。 

 

追記

2016年版ジブン手帳発売日は?

ジブン手帳2016の発売が正式にリリースされましたね。発売日は9月上旬。2016年版は更に内容が充実しているとのことです。早く実物を見てみたい!

そして2016年から好評だったB6スリムサイズのminiも全国展開するんだそうです。

そうかあ、miniも一度手にとってじっくり検討してみたいですねえ。

アマゾンなどの通販で買うのも手軽でいいですが、やはり一度実物を見ておきたいかなあ。まあ2014年版を持っているので大体はわかるのですが、その時はスタンダードカバータイプでしたので、ハードカバータイプも気になります。2016年から新色も新たに追加になるようで楽しみです。

でも人気はかなりのものなので予約したほうがいいのかも。もう通販サイトなんかでは予約を受け付け始めています。確実に手に入れたい方は要予約!

 

手帳という武器をカバンにしのばせよう

手帳という武器をカバンにしのばせよう

 

 バーチカル手帳を使う方には必読!

 

 能率手帳のお話はこちら

bochronicle.hatenablog.com