僕ロニクル 〜ゆるゆる、シンプルに生きたい男の年代記〜

30代男の日常を徒然なるままに。旅、仏像、文房具、手帳、シンプルライフ、料理なんかに釣られます。

ジブン手帳2016が発売近いのでイメージトレーニングしてみた。

来年の手帳はジブン手帳でいこうかと考えています。

9月には来年2016年版が発売となりますので(Amazonでは9月2日が発売日となっているようですね)、手帳好き界隈の方たちもソワソワし始めている頃でしょう。

あるいはもうジブン手帳を予約された方もいるのではないでしょうか?

 

実はジブン手帳は昨年2014年版を購入したのですが、使い方が定まらずにほとんど使わず挫折という苦い経験がありまして・・・

 

今年はそんな訳で違う手帳を

仕事用(NOLTYノルティベルノA5 バーチカル1)、

プライベート(ほぼ日手帳オリジナル)と分けて使用していました。

その辺りのお話はコチラをどうぞ。

 

bochronicle.hatenablog.com

bochronicle.hatenablog.com

しかし、来年は仕事、プライベート関係なく一箇所にまとめてしまいたいと思い

自分手帳に再挑戦しようかと思っています。

まあ厳密に言えばジブン手帳は3冊で一つなんですけどね。

 

そんな訳で今のうちから使い方のイメージトレーニングをしてみようかと思いまして。

 

ノルティベルノバーチカルをジブン手帳の仮想Diaryとして、

そして余っていたIdeaを引っ張り出してきて

2冊をノートカバーに挟んでみました。

 

ジブン手帳のIdeaはとても薄いのでノートカバーなど使わずに

ノルティに元々ついているカバーに挟み込んでも全然支障はないのですが、

ただ単純にキングジムのノートカバーが非常に優秀なので使いたかっただけです。

 

bochronicle.hatenablog.com

元々、ほぼ日手帳に使っていたB6文庫サイズのカバーが非常にしっくりきまして、

それが高じてA5サイズも買ってしまったほどお気に入りのノートカバーなのです。

 

f:id:ziiico29:20150825230851j:plain

コチラがそのノートカバー。

 

キングジム ノートカバー マグネットタイプ A5S 1891 黒

キングジム ノートカバー マグネットタイプ A5S 1891 黒

 

 このノートカバーにIdeaとノルティーを挟み込みました。

f:id:ziiico29:20150825231150j:plain

ideaは薄いから挟み込みやすい。

f:id:ziiico29:20150825231636j:plain

コチラはノルティ。ほぼモザイクですいません。なんとなく雰囲気だけでも伝われば・・

今年になって(一度は挫折した)バーチカルタイプの手帳の使い方が安定してきたので来年もバーチカルタイプのジブン手帳に挑戦です。

 

今はほぼ仕事のことしか書いておらず、書く内容もスケジュール管理よりはTo Do リストとしての役割が強かったです。(バーチカルの時間軸はほとんど無視して使っていました)

来年のDiary部分(現在のノルティの部分)はよりライフログを重視して書いていこうと思い、いまはその予行演習中。

 

具体的には、

まずマンスリーに大まかなスケジュールの書き込み。

そこからスケジュールのチェックをかねて、マンスリーページからウィークリーページに落とし込み。さらにライフログをウィークリー部分に記入。

日々のスケジュール管理はウィークリーページを確認しながら、Ideaノートへ落としこみ。その際タスク管理もIdea ノートに記入。

こんな感じでイメージトレーニングをしています。

  

そしてそのIdeaノートですが、

来年はBullet Journal的な使い方をしようかなと思って最近試し始めました。

 

Bullet Journalについてはこちらの動画が分かり易いです。

英語ですが画を見ていればほぼ分かる内容です。


Bullet Journal - YouTube

 

乱暴に説明すると、はじめから順番に時系列に沿って思いついたこと、to do、イベント、アイデア、などなど・・・なんでも箇条書きに書き込むというノート術です。

f:id:ziiico29:20150825233159j:plain

こんな感じでインデックスを作り、

f:id:ziiico29:20150826000218j:plain

毎日はこんな感じで(またまたモザイクばっかで申し訳無いです)、時系列に思いついた順に書き込んでいきます。それぞれの行の先頭のマークでto doやらイベントやら、ただのメモやら分かるようになっています。例えば□はto do,○はイベントとか。

まあ、マークに関しては任意でお好きに決めたらいいんだと思いますけど。

その辺はネットを探せばすぐに参考になるものがでてきますので良かったら探してみてください。

 

Bullet Journal は情報を1冊にまとめるというノート術ですのでまさに僕がやりたいと思っている情報の(手帳の)一元化にはもってこいの方法です。

さらに都合のいいことにIdeaノートにはページ左から5分の1ほどのところに1本罫線が縦に薄く入っているのでそこから左にマークを、右にその内容を書き込めばとても具合がいいです。

ペンの色分けは僕自身は青を仕事に関するもの、緑をプライベートに関するもの、赤を重要なもの、黒を雑記としています。

 

この辺の話はこちらもどうぞ。

bochronicle.hatenablog.com

 

という訳で仮想ジブン手帳のイメージトレーニングはバッチリです。

 

気になるのはサイズですかね。B6スリムサイズのminiも持ち歩くことを考えるといいのかなあとか思ったり。サイズ感が絶妙なA5スリムも勿論いいんだけども。とか考えるとやっぱり実物を見てからがいいかなーなどと思い、まだネットなどでの予約はしていません。もし買えなかったらどうしよう・・・大丈夫ですよね?

 

あともう一点気になるのはジブン手帳のDiaryにはメモページがついていないんですよね。ノルティのメモページは結構ページ数があって年間通して確認するような資料などを書き込んだり、貼ったりして結構重宝しているんです。

勿論Ideaがそれの代わりなんですが、IdeaをBullet Journal的な使い方をするとなると、1年で1冊では収まりきらず数冊使用することになると思います。

その際、年間通して確認したい資料などをその都度書き換えるのは面倒です。

そうなると、Diary、Idea(Bullet Journal)、Idea(年間固定)の3冊体制になるのかなー。

 

そんなこと言うならもうノルティとIdeaノートの2冊体制で来年もいいじゃないかとも思ったり。などと考えているともう迷宮入りしてしまってどんどん深みにハマって行くのですが、とりあえずイメージトレーニングは出来ましたのでジブン手帳2016年版、

使用するのが今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする