僕ロニクル 〜ゆるゆる、シンプルに生きたい男の年代記〜

30代男の日常を徒然なるままに。旅、仏像、文房具、手帳、シンプルライフ、料理なんかに釣られます。

Wish Listのパワーはスゴイ! 僕のWish List活用法

みなさんはWish Listって書いていますか?

僕は今年、ほぼ日手帳を使うようになってから使っていないページを利用して、Wish Listを書き始めました。

Wish Listのやり方として正しいのかどうか分かりませんが、僕は年初にある程度やりたいことをばーっと書き出して、(と言っても30個くらいでピタッとペンが止まってしまい、「なんて望みの少ない人間なんだ」と自分の小ささに愕然としましたが)、後はその都度やりたいこと、欲しいものなどを思いついたら書き足していました。

で、達成できたら横線を引いてチェックをいれ、達成した日を書き込んでいく。

本当は毎日、事あるごとに見返して、何度でも目標を再確認し、その目標を達成しようと意識することで夢やら目標やらを実現していくほうが理想なんでしょうが、そこまで毎日見返して「今日もやるぞ」と頑張っていたわけでもありません。

どちらかと言えばゆるく(まあ、ぼくの生活で「ゆるく」ないことなんてほとんどないんですが)、気が向いた時に、あるいはふと思い出した時に見返したり新たなWishを書き足したり、忘れた頃に実現したものにチェックを入れたり・・・そんな程度の使い方ではあったけど、ボチボチとつづけていました。

 

それで最近ふと見返したらチェックされている項目が結構あるじゃないかと気づいたんで改めてどれぐらい目標を達成できたのか数えてみました。

 

数えてみたところ75個の目標に対して34個達成。達成度45%!

これが多いと取るか、少ないとみるかは人ぞれぞれかもしれませんが僕としてはかなり達成してる気になりました。どうですかね?

45%というのは結構絶妙な達成度なんじゃないかと思うんです。どういうことかというと、目標設定のレベルの高さがピッタリ自分にあっていたということです。

例えば5%しか達成していなかったりしたらやる気無くしますよね。100個書き出して5個しか出来ないなんて・・と自己否定してしまうことになりかねません。

逆に80%も達成したとなると今度は逆に目標が簡単過ぎだということです。こうなるとおそらくあまり達成感が生まれてこないし、途中で飽きてしまう可能性が高そうです。

そういう意味で45%、おおよそ2つに1つ目標を達成できる程度のレベルの高さがWish Listの目標設定としては適切なレベルなんじゃないかと(結果的にですが)思います。

 

では、どういう目標、Wishを書き込んでいたのかというと、ただ思いついたやりたいこと、欲しいものを書き出していただけなんです。でも無意識的にではあると思いますが、あまりに突拍子もない実現不可能なものは書かないようにしていたと思います。例えば今年中に宇宙旅行とか本を来月までに2000冊読むとか。またあまりに簡単なものも書いてはいませんでした。チロルチョコが食べたいとか、テレビを見たいとか。

でもあまり適切な難易度についてこだわり始めると目標を書けなくなってしまうので、基本的には思いつきでどんどん書き込んだほうがいいんじゃないかと思います。

僕が具体的にどんな事を書き込んでいるかというと、

  • 奈良興福寺へもう一度いく
  • 俺のフレンチへ行く
  • ビリヤード習いたい
  • ビッグイシューを買う
  • ブログ80記事書く
  • 折りたたみ自転車がほしい
  • 歯の治療
  • 京都旅行
  • PS4が欲しい
  • 今年中に温泉に1回は行きたい
  • 英語学習時間年末までに100時間

こんな感じで箇条書きに思いついたものを書き出しています。適当にWish Listから抜粋してみました。横線を引いて打ち消しているのが達成したものです。実際にほぼ日手帳に書いてあるものも同じように打ち消してあります。こうしておけばどんな目標だったかもよくわかるし、何より線を引いた時の達成感がたまりません^^そして達成した日を横に書き込んでいます。

書くときにはできるだけ具体的な方がいいかなと思いますね。数字ですとか具体的な商品名とか、場所とか。書いてはみたもののまったく実行しようとしていなかったりするものも多いです。ここで書いたもので言えばビリヤードとか。本当に自分はやりたいのか?と問われてもちょっと返事に困るかもしれません。でもいいんです、その時にはやりたいと思ったんだし、振り返って「ああ、あの時はこんなことをやりたいと思ったんだ」と思い出すのもきっと楽しいです。「今年中に〜」なんて書いているのはもう今年もあと僅かになってきてちょっと焦って書いた気持ちの現われでしょうね。ちょっと最近肌寒くなって温泉が恋しくなって書き足しました。「英語学習〜」は一番最近書き足したものです。最近英語を勉強し始めましたのでちょっと目標を立ててみました。10月から毎日1時間ちょっとで年末までおおよそ100時間。まあ達成できなくもない、でもちょっとサボるとしんどい目標ですね。

あ、あとコツというほどではないですがWish Listに関しては「いつまでに」みたいな期限を設けるのはなるべく避けたほうがいいと思いますね。上記の目標では書いちゃってあるのもありますが基本的には。あまり期限を区切ってしまうと達成出来なかったことが目に見えてはっきりわかってしまいます。もうちょっと気楽に気づいたら達成できてた!くらいがちょうどいいんじゃないかな。

 

Wish Listを作り達成したものを眺めていると、充実感があってとても気持ちが良いです。僕はどちらかと言えば自己肯定力が低いので、自己嫌悪に陥りがちですがそういう僕と同じような方にはWish Listはかなりおすすめです。小さな充実感の積み重ねが自分を励ましてくれると思います。

という訳でそろそろ来年使用するジブン手帳に移行を考える時期ですが、当然Wish Listもジブン手帳でも引き続き書いていこうと思います。

でもその前にとりあえず年末までで一旦区切って最終的に今年2015年はどんなことが達成できたのか眺めて充実感に浸り、一人ニヤニヤしようかと思います。最終的な達成度もちょっと気になるところですね。Wish自体も後25個位は書いて100個にはしたいかな。その上で達成度はやはり45〜50%位になるんじゃないかな?というのが僕の予想です。

 

それではまた。

 

4001の願い

4001の願い

  • 作者: バーバラ・アンキプファー,Barbara Ann Kipfer,向井千秋,向井万起男
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2002/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする