読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕ロニクル 〜ゆるゆる、シンプルに生きたい男の年代記〜

30代男の日常を徒然なるままに。旅、仏像、文房具、手帳、シンプルライフ、料理なんかに釣られます。

2016年4月からの手帳を購入 ミドリ プロフェッショナルダイアリーPRD9とNOLTY U 365

文房具  手帳

4月からの手帳を購入してきました。

購入したのはミドリのプロフェッショナルダイアリー ウィークリーホリゾンタルレフトタイプのものとNOLTY U 365の2冊です。

f:id:ziiico29:20160314212025j:plain

今現在はモレスキンラージを使用しています。仕事とプライベートを1冊で全てまとめるやり方で運用してきました。それなりに上手く運用できていた気がしますが、ちょうどそろそろモレスキンが終わりに近づいてきたので、いいタイミングだと思い新たに手帳を購入。

それに伴い1冊で全てを集約するのではなく、仕事とプライベートを(再度)分けようと考えています。もうこうした試行錯誤は何度目でしょうか。いつになったら手帳探しから解放されるのでしょう?集約するにせよ、分冊にするにせよそれぞれメリット、デメリットがあるのでしょうがないんですけどね。

やはりどうも見返したときにごちゃごちゃしてしまうことと、仕事の最中にプライベートな部分を人に見られたら気恥ずかしいとの思いから(実際にはジロジロ見る人もいないんですけど)、今後しばらくはもう一度手帳を分けてみようと思います。

 

仕事用はミドリのプロフェッショナルダイアリー。ウィークリーホリゾンタルタイプ。バーチカルタイプもあったのですが、やはり僕の使い方ではホリゾンタルタイプの方が合っているようです。

本当は4月始まりの別の手帳を買ってくるつもりだったのですが、ミドリのプロフェッショナルダイアリーが、1月始まりのため半額セールになっていたので、これは良いと即買い。

知らなかったのですが、このプロフェッショナルダイアリーはミドリの定番として長く販売されていたんですね。A5スリムサイズという僕の好きな大きさでフラットに開く糸がかり製本。紙質には定評のあるミドリですし、これはいいじゃないかと。ほぼ日手帳とかジブン手帳とかの人気どころがどうしても目についてしまいますが、こんな良さそうな手帳があったとは。地味な外観ですしビジネス利用には適している気がします。

プライベートにはNOLTY U 365。今使っているモレスキンラージではバレットジャーナルの方法を少し取り入れながらユビキタスキャプチャー的に思いついたことやメモ、To Doなどなんでもかんでも書いてきました。時系列に沿って書いていけば後になって見返すことも困難ではないとおもっていたのですが、 1冊モレスキンを書いてきて見返してみようと思うと、意外と見にくい。どの辺に何が書いてあるか?ということがなかなか見当がつかないんですね。まあ自分の字が汚いせいもあるのかもしれませんが。でも2015年に使用していたほぼ日手帳なんかは見返すと不思議と分かりやすいんです。やはり印刷として綺麗に日付が入っているせいか、1日1ページのおかげなのか後から振り返るときにとても見返しやすい。たとえば去年の1月は何やっていたかなーと振り返ろうと思えばとりあえず1月のページを開けば良いわけですからね。

もう一つ、1日1ページタイプだと書かない日があると空白が生まれて嫌だ、と思っていたのですが(そういう方は多いですよね?)、逆に何も書いていないことが何かを物語っているといいますか、何も書いていないからこそわかることもあるのかな、と去年のほぼ日手帳を振り返っていて思いました。ああ、余裕がなかったんだな、とか。この期間はあまり充実していなかったんだろうな、とか。

そういうわけで今回はプライベートのライフログ用として、1日1ページタイプの手帳に切り替えてみようとおもいました。

もちろん使っていてしっくりきていたほぼ日手帳(オリジナル)を今年も継続してもよかったのですが、若干サイズが小さいかなと。かといってほぼ日のA5サイズのカズンでは大きすぎて持ち運びに難ありかなと。

1日1ページタイプではEdit手帳も人気ですが、サイズは良いとしても紙質がツルツルしすぎていてちょっと僕の好みではない。などと思っていたらNOLTYから良い手帳が出ていましたよ。

 

 

能率 NOLTY U 手帳 2017 1日1ページ 365 ロイヤルネイビー 6527

能率 NOLTY U 手帳 2017 1日1ページ 365 ロイヤルネイビー 6527

 

 

まだ新しい手帳で、去年からですかね?ちょっと重いのは重いんですが、サイズ的には理想的な大きさ。

肝心の中身のページのレイアウトがちょっと変わっていて、公式サイトを見てもらうとわかるのですが、

f:id:ziiico29:20160314220506j:plain

 上部には、横軸に時間が刻まれていて、しかも24時間。これは結構決定打でしたね。睡眠時間のログとかが取りやすそう。罫線が4行ほどあるので、To Doとかスケジュールなどを書くのに適していそうです。下部4分の3ほどがドットタイプのフリーページ。ここにはライフログを書くつもり。このレイアウトは今までになかったタイプなんじゃないですかね?

そんなわけで、この2冊で4月から(仕事用は1月始まりだからすぐにでも使えるけれど)運用していこうと思っています。また、使い勝手、感想などレビューも書きたいと思います。

 

 

ミドリ ビジネスダイアリー 2017  マンスリー スリム 紺 PRD-3 26876006
 

 

去年の今頃は能率手帳1を試していました。 なんだかんだNOLTYが好きなんでしょうか。

 

bochronicle.hatenablog.com