僕ロニクル 〜ゆるゆる、シンプルに生きたい男の年代記〜

30代男の日常を徒然なるままに。旅、仏像、文房具、手帳、シンプルライフ、料理なんかに釣られます。

名古屋散歩 毎月26日は風呂の日。山王温泉・喜多の湯で小さなプレゼントを貰った

銭湯って良いですよね。たまに行きたくなります。夏の間は暑すぎて銭湯へ行ったところですぐに汗をかいてしまうので、あまり行きませんでしたが、ここ最近ようやく暑さもピークを過ぎ、久々に行ってきました。

名古屋駅からも近く立地が良いにも関わらず、駐車場も広くてアクセスも良い「山王温泉・喜多の湯」はお気に入り。

何故「喜多の湯」が好きかというと、立地の良さもありますが、何より清潔感があること。潔癖症ではないですが、やはりお風呂は清潔でないとちょっと敬遠してしまいがち。オープンしてどれくらい経つのか知りませんが、いつ行ってもキレイなので、気持ちが良いです。

また、お湯も良いですね。一番好きなのは、美人の湯と呼ばれている露天風呂。適度なぬめりがあって肌がつるつるします。お風呂を出た後も長い間体がポカポカと温かい。喜多の湯の浴場はそれ程大きくなく、適度に小ぢんまりとしており、それも好きな理由の一つですが、その中でも一番奥の美人の湯にはあまり人もおらず、ゆったりと湯に浸かることが出来ます。そうそう、もう一つの良い点は、お客さんが多すぎないこと。まあこれはお店としてはよくないことかもしれませんが、客側からすると閑散としていて寂しいわけでもなく、かと言って激混みでお風呂に入るのもためらわれるといったこともなく、適度な賑わいで好感が持てます。僕は平日の夜に行くことが多いので、土日祝はまた状況が違うのかもしれませんけど。

さてさて、そんな「山王温泉・喜多の湯」ですが、ちょうど行った日が26日で「風呂の日」でした。知らなかったんですが、毎月26日には色々と特典があるようですよ。

で、先着300名にということで、カップケーキをもらいましたー。ちょっとしたものですが、嬉しいものですね。ちなみに行ったのは夜8時過ぎ。夜の8時過ぎで300名に達していないんだ、と余計なお世話ながら心配してしまいましたが。平日ですしね。まあこんなものなのかな。

f:id:ziiico29:20160927233440j:plain

ほんの気持ちが嬉しいじゃないですか。

 

 

 

銭湯:「浮世の垢」も落とす庶民の社交場 (シリーズ・ニッポン再発見)

銭湯:「浮世の垢」も落とす庶民の社交場 (シリーズ・ニッポン再発見)

 

 

日帰り温泉&スーパー銭湯 2011 東海版 (ぴあMOOK中部)

日帰り温泉&スーパー銭湯 2011 東海版 (ぴあMOOK中部)

 

 

広告を非表示にする