読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕ロニクル 〜ゆるゆる、シンプルに生きたい男の年代記〜

30代男の日常を徒然なるままに。旅、仏像、文房具、手帳、シンプルライフ、料理なんかに釣られます。

甲斐みのり著「地元パン手帖」と愛知・豊川のヤマトパン幻の「たけの子パン」を求めて

名古屋散歩 書評 レビュー

レトロパンとかローカルパンっていうんでしょうか?あの、昔ながらのレトロなパッケージに包まれた、懐かしいパン。

f:id:ziiico29:20161012230940p:plain

うおお、みるだけで興奮しますね。

  どこの街にも昔はあったんでしょうけど、今はすっかり少なくなってしまった地元のパン屋さん。

今はブーランジェリーなんて名前に変わってハード系のおしゃれなパンを置く店が多くなってきましたね。バゲットだとか、パン・ド・カンパーニュだとかパン・オ・ルヴァンなんて。

勿論そういうお店も大好きですよ。ワインに合うしね。でも時々昔ながらのパンが無性に食べたくなりませんか?

メロンパン、クリームパン、惣菜パン・・・

「地元パン手帖」はそんななつかしいパンそのものだけにとどまらず、パッケージのノスタルジック感を楽しめる一冊になっています。

時代を感じるフォント、奇妙なイラスト、昭和の色使い。どれをとってもエモーショナル。

もうね、それは味じゃないんですよ。むしろ思い出、懐かしさ、心の原風景そのものを食べる感覚こそがこの「地元パン手帖」の著者はわかってらっしゃる。よくもまあここまで集めたなと。

そんな「地元パン手帖」のことを思い出したのは愛知県は豊川市の地元パン、ヤマトパンの幻の「たけの子パン」を購入しに行ったからです。

何故幻か?中のクリームが溶けてしまうため、夏場は売ってないからだとか。

yamatopan.co.jp

・・結果的には今回もなかったんですけどね。さすが幻。製造元の直売所に行けばあるようですが、今回は時間の関係でそれは見送り。代わりに同じくらいエモいパンを買ってきました。

ヤマトパンのチョコバンブー

f:id:ziiico29:20161012225215j:plain

まずはチョコバンブー。これ、デニッシュ生地に中身がチョコクリームなんですよ。たけの子パンもデニッシュ生地のコルネにクリーム。形は違うけど・・。たけのこ・・、バンブー・・・。姉妹商品だね!

ヤマトパンのレマン サンドパン

f:id:ziiico29:20161012225217j:plain

次はレマン。クリームが中に入ったメロンパン。このパッケージがいいですね。これぞノスタルジー。いいフォントです。僕の好きな表面がサクサクのタイプのメロンパン。これいいな。

f:id:ziiico29:20161012225220j:plain

パンの横綱。このイラストのチープさ、最高です。

ヤマトパンの「デセール」

f:id:ziiico29:20161012225226j:plain

デセールといえばフランス語でデザートのことですが、「デセール パン」で検索して出てくるのは素敵なローカルパン達。全国的にはわかりませんが、愛知、東三河では結構見かけるおやつパンです。f:id:ziiico29:20161012230510p:plain

いいですねー、このデセールの数々。いろんなところでいろんなデセールがあるんでしょうね。右上には我らがヤマトパンのデセールも載ってますよ。

 

f:id:ziiico29:20161012225228j:plain

切ってみるとこんな感じ。全部甘い(笑)

でもどれも懐かしい味ばかり。デセールの口の中の水分全部持ってかれる感じとかホント最高です。チョコバンブーなんておそらくはじめて食べましたけど、初めてでも懐かしい。

休日のおやつに懐かしのレトロパン。凄く満足です。

 

地元パン手帖

地元パン手帖

 

 

パン屋再襲撃 (文春文庫)

パン屋再襲撃 (文春文庫)