僕ロニクル 〜ゆるゆる、シンプルに生きたい男の年代記〜

30代男の日常を徒然なるままに。旅、仏像、文房具、手帳、シンプルライフ、料理なんかに釣られます。

豆乳を入れても分離しないおすすめのコーヒー豆

目覚めの1杯はやはり珈琲。

毎朝ドリップコーヒーを飲んでいます。砂糖はなし、ミルクは多めで。

コーヒーフレッシュなどはほとんど油なので敬遠していて、ミルクは普通に牛乳を使っていたんですが、最近牛乳が体質的に合わなくなってきたのか、なんとなく胃にもたれるといいますか、午前中にずっと「残ってる」感じがしていました。

 

でまあ最近牛乳の代わりに豆乳にしてみました。

豆乳というとなんとなく体に良さそうな気もしますしね。

うれしい豆乳の効果!豆乳の効果的な飲み方と摂取量&選び方

あとはスタバのソイラテに最近ハマっていたというのもあります。

あれ本当に美味しいんですよ。

 

ところがご存知の方も多いでしょうがコーヒーに豆乳を加えると豆乳の中のタンパク質が凝固して分離してしまうことがあるんですよね。

これが非常によろしくない。見た目にも良くないし口当たりも悪いです。

なんとかしたいと方法がないか調べて色々やってみました。

豆乳が固まる原因は熱と酸が主なようです。

コーヒー自体が熱すぎてもいけないようなので少し低めの温度で淹れてみたり、

豆乳自体を少し温めておいてコーヒーとの温度差を小さくしてみたり。

先に豆乳を入れてからコーヒーを注いでみたり。

調整豆乳が良いというのも見ましたが、少量とはいえ毎日飲むものですから砂糖が入っているのはちょっとな・・と、健康面から。スタバなどは多分調整豆乳ですよね。でもあれはたまに飲むくらいなんで別にいいです。

となるとやっぱり無調整の豆乳ということになるんですが、無調整の豆乳では分離しない時もあれば完全に分離してしまう時などもあり、なかなか安定しませんでした。

そんな中(自分が淹れた範囲では)確実に分離しないコーヒー豆を見つけたのでご紹介。

やはりコーヒーの酸味が一番のネックなんでしょうね。適度に酸味のあるバランスの良いコーヒーは好きですが「豆乳で分離しない」という観点からおすすめできるものを見つけました。それがUCC スーパーアロマ 炭焼珈琲 VP210g

これはかなり酸味が弱くその分、苦味はかなり強めです。苦いのが嫌いな方にはあまりおすすめできませんが、豆乳で分離したことは一度もありません。

値段も手ごろですので、毎日飲むには家計にも優しいかも。

スタバブランドのコーヒー豆でも分離しなかったものがあったのですがちょっとどれだったか忘れちゃいました。

いろいろと試してまたご紹介できたらいいなと思います。

 

UCC スーパーアロマ 炭焼珈琲 VP210g

UCC スーパーアロマ 炭焼珈琲 VP210g

 

 

マルサン 有機豆乳無調整 1000ml×6本

マルサン 有機豆乳無調整 1000ml×6本