読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕ロニクル 〜ゆるゆる、シンプルに生きたい男の年代記〜

30代男の日常を徒然なるままに。旅、仏像、文房具、手帳、シンプルライフ、料理なんかに釣られます。

祝!ブログ100記事達成!

とうとう前回の記事で100本となりました。ブログを始めた当初は続くかなと心配していましたが、なんとかここまでやってくることができました。いつも(?)読んでいただいている皆様、本当にありがとうございます。飽き性な僕としては上出来と言っていいと思います。ここまで7カ月弱で100本なので月平均14本。2日に1本ペースですね。とても毎日更新などというのは僕には無理でしたので、まあこんなものでしょう。いつも他の方の多くのブログを読ませて頂いていますが毎日更新されている方は本当に尊敬しますね。もちろんそれでいていつも面白いんですからすごいなあと。この大変さは自分でブログをやってみて初めて身に沁みました。

とはいえ書くこと自体が苦痛だとかそういったことはもちろん無かったです。別に誰に強制されているわけでもなく、好き勝手に書いているだけですから当然ですけどね。イヤなら書かなくていいわけで。

そんな訳でこれまで100本書いてみてのメリット、デメリットなどなど思いつくまま書いてみたいと思います。

 

ブログを始めた事によるメリット

ブログは自分の頭の中を整理するのに有効なツールかなとおもいます。
日々生活している中で思いつくその時々の感情、思い出なんかを書き記していくのは結構大事なことだなあと改めて思いました。これはほぼ日手帳を今年から使い始めた時に思ったことでもあるんですが。

 

bochronicle.hatenablog.com

 

後から振り返ってその時感じた事を振り返ることにどれだけ意味があるのかわかりませんが単純に楽しい、面白いなとは思いますね。あー、こんな事考えてたのかと。それは自分を客観視することでもあるし、頭の中の整理にもなり、より色々な物事の決断がシャープになるというか、本質の捉え方がはっきりしたような気はしています。

本質の捉え方がはっきりした、などと書くと大層な言い方ですが、簡単に言ってしまえば自分がどういったものが好きなのか?どういったものに興味を持つのか?がはっきりしたということですかね。

何かを書き記していくだけなら別にブログでなくてもいいじゃないかというと、そうとも限らないかなと、個人的には思います。ノートや、あるいは日記などに日々の出来事を書き綴っても、もちろん悪くないとおもいます。でも、不特定多数の方の目に触れるようにブログで書くというのはある種の緊張感が伴いますよね。情報はある程度正確なものでなくてはならないだろうと思いますので、あやふやなものは調べようとします。それは当然自分にとっても有意義なことです。日記に書いているだけではそこまで調べようと思わないかもしれません。まあいいやで済ませてしまうかも。

また、どんな方が読んでも(それまで一度もぼくのブログを読んだことがない方でも)意味がわかってもらえるように、できるだけ分かり易い文章にしようと努めていますが(できているかどうかは別として)、それも頭の整理という点では非常に良いことだと感じています。ぼんやりとしている自分の思考を文章化することによって、より明確に整理されていく感覚があります。

頭の中のぐちゃぐちゃした考えを文章化するというのはとてもむずかしいですけどね。いつも「本当はちょっと(自分の書いた文章の)ニュアンスが違うんだよなー」と思いながら書いています。こればっかりは僕の文章作成能力のなさのせいですが。それでもボチボチとブログを続けてきたなかで、多少はマシになってきたかなーと自分では勝手に思っています。初めの頃に書いたものを見るとちょっとひどいなーと思いますからね。酷いなと思うということは、多少成長しているのかな?と。

 

メリットをもう一点挙げるとすると単純にブログは趣味になり得るということでしょうか。ブログは楽しいですね。ある意味シミュレーションゲームをやっているような感覚です。はじめは全然読まれなかったブログがちょっとずつ読まれるようになっていくというのは育成ゲーム的な面白さがありますね。ただ、読んでくれる人を増やしたいからと変に無理なことはしないようにしています。炎上がどうのとかそういった類のものですね。

ぼくは趣味としてブログをやっていますので(できたらそれでお小遣い程度稼ぐことができたら嬉しいなとは思いますが)、基本的には批判的な記事は書かないようにしようと思っています。まあたまに書くこともあるんですが。こんなのとか。

 

bochronicle.hatenablog.com

でも少なくとも個人攻撃みたいなことはしたくないなと思っています。趣味にまで色々な厄介な問題を持ち込みたくはないですもんね。そんなのは実生活(主に仕事)で十分です。

 

ブログを始めたデメリット

デメリットはそうですねー、そんなに思いつくものはないんですが強いて言えば時間が足りないというのが一番のデメリットですかね。普段は仕事をしていますのでそれ程ブログに掛けられる時間は多くはないです。それこそブログ以外にもやりたいことはたくさんありますしね。ブログ以外での活動がブログのネタになることも勿論あるのでブログ以外の時間も大切にしたい。でもブログを書こうとすると結構な時間がかかるんですよね。なんとも言えないジレンマを抱えています。大事な休日を使ってまで書くことなのか?と。まあそれでも以前と比べたらだいぶ書くスピードも上がってきたかなーとは思いますけど。いつも月20記事くらいはなんとか書きたいなと目標にしているのですが、今のところそれが出来たのははじめの2ヶ月だけですね。なかなか時間がないです。なんだかブログを始めたデメリットではないような気もしますが、そんなところでしょうか。

 

これからもよろしくお願いします。

という訳でここまで100記事。ブログを始めた頃よく「ブログはまず100記事書こう」みたいなブログ術的なものを色々なところで読んだ気がするのですが、確かにそのとおりかもしれないなーとようやく100記事書いてみて思います。100記事かけば僕のブログのような駄文でも多少読んでくれる人が増えて嬉しいし、楽しくなってくる。100記事書けば少しは文章力も上がってくる。ブログのノウハウみたいなものも少しずつ貯まってくる。そうした良い循環でより読んでくれる人の数が増えやすくなる。そんな事を教えてくれていたのかもしれませんね。100記事書いてみてよかったなと思います。これからもとりあえずは(辞める理由もないので)今までとおんなじようなペースでゆるゆると書いていこうと思います。これからも当ブログをよろしくお願いします。